マンションに多い築浅物件

新築物件と言えば、建てたばかりの新品の物件を指すと思う人もいるでしょう。
しかし、新築物件とは言っても、ただ新品の建てたばかりの住宅だけを指す言い方では無いのです。
ただ新築物件という言い方には間違いは無いのですが、新着物件特集などの広告に掲載されている新築物件という表記には定義があるのをご存知でしたか?
広告で表記できる新築とは、完成から1年未満のものでありそれまで未入居、未使用という条件があります。
なので、誰か一度でも入居してしまった場合、それはもう新築物件ではなく、売りに出せば中古物件になってしまうのです。
貸して数日誰かが住んでしまっても同じこと。
また、他にその新築物件が1年以上、誰の手にも付かない状態になってしまった場合、新築物件と表記できなくなってしまいます。
不動産広告の表記制限によって、このような物件は「築浅」と表記される場合が多いです。

新築戸建てで売れ残りという事はまずありませんが、上記の場合は主に新築マンションによくある光景です。
あらかじめ戸数が決まっているマンションではすべての部屋が埋まらず、1年間誰も入らないというのは結構あります。
立地条件が良ければ売れ残りは無いかと思いますが、中途半端な場所に建つと目立ちます。

価格の方ですが、1年超えれば新築価格の約2割から3割ほど安くなったりします。
もうすでに新築では無いのでその分価格は下がります。
新築価格が2000万円だった場合、約400万円価格が安くなります。
価格面だけの見たら築浅物件は良いかもしれません。

マンションを築浅で狙っても良いですが、希望の階に住むことができるかどうかは微妙なところです。
希望の階に、希望の間取りにしたいのであれば間違いなく新築で購入するのがベストだとは思います。
最近のマンションも多少の間取りの変更は聞き入れて貰える場合が多いので、そこを優先するかどうかでしょう。
新築にもちゃんとした定義があることは覚えておいても損はありません。

新築分譲マンションで

新築分譲マンションの最大の利点は、新しくて綺麗という部分です
設備や機能も最新式のものもが導入される場合が多いので、便利で安心できる快適な生活を送る事が可能です。
問題はやはり価格です。
物件の条件によっては税金の減税があったります。固定資産税や都市計画税などの税金です。
またマンションになると管理費や修繕積立金のあるため、費用はかさみます。

新築なのだから高いのは当たり前です。
当然ですが、そのマンションがどこに建っているかなども価格が高い理由に含まれます。
不動産ホームページある新着物件特集などで同じ形態、同じ間取りのマンションがあったら価格を比較してみると良いでしょう。
たった数キロ違うだけで価格に差が出てきます。
まずは住む場所でこちらにとって何が都合が良いのかを考えましょう。

ともあれ、最近では立地や広さ、そして部屋の間取りから同じ条件であれば賃貸の方が良いと言われています。

永住するつもりであっても生涯を通じて支払いが多いのはどちらか、とのも考えておいても損はありません。
昔は購入した方が安く済む、と言われていましたが……。

しかし、今後マンション価格の下落は避けられない事が懸念されています。
事情は街の風景を見れば分かると思います。
昔に比べてマンションの姿を多く見かけるようになったはずです。
明らかに供給過多、という見方が強いからです。

逆に言えば買い時、という見方もできますが。

この先どうなるか誰にも分かりません。
マンションを購入するよりも、賃貸で動きやすい方が良いと考える人も増えてきています。
購入するか賃貸にするかでこの先の資金計画の立て方がだいぶ変わってくるかと思います。
格安のマンションを賃貸で戸建て購入の資金を貯める、というのも手段の一つです。

何にしても住む場所です。
設備や機能的には新築マンションであれば問題ありませんので、後は住む場所をどうするかです。
あとは購入するか、賃貸で済ませるか、そこは人それぞれの都合で決まります。

住めば都の分譲マンション

分譲マンションは各住戸部分と行った専有部分の所有権を得られ、ローンの支払いが終われば自分の資産とすることができます。
ローンさえ完済してしまえば賃貸マンションのように毎月家賃を支払う事もありませんし、その後の暮らしに余裕が出てきます。

またその部屋を賃貸で貸すなどの資産運用が出来る点、リノベーションで間取りを自由に変える事も可能です。
マンション購入の大きなメリットと言えます。

さらにマンションは戸建て住宅よりも居住空間が安定しています。
戸建ては土地の広さによって建てられる建物の大きさが決まっているため、居住空間の確保が難しい事があります。
狭い土地で狭い3階建ての家とか、今後の生活を考えると厳しいかと思います。
老後、その階段を上ったり降りたりできますか?
そういう点で言えばマンションの方が住みやすいかと思います。
しかし、それはあくまで室内での話しに限ります。部屋から出てしまったらエレベーターと付き合って行かなくてはなりません。

一般的に分譲物件は賃貸物件より住居空間が確保されています。
壁や床が厚く防音がしっかりと施され、住居性能が高いです。
いくら分譲とは言えど購入していることに変わりないので、品質の高いのは当たり前です。
購入したのに毎月支払う家賃の方が安く済み、その上性能が高かったら分譲マンションの立ち位置が無くなってしまいます。

開発規模の大きな分譲マンションであれば、周囲の環境が整っています。
子供を遊ばせるための敷地内にある公園、1階にスーパーがあるなど生活環境は確保され利便性の高い場所に建てられる事が多いです。

デメリットと言う大きな欠点が無いのがマンションです。
住んだ後のご近所問題は、戸建てだろうとマンションだろうと変わりません。
注文住宅のような自由な間取りで住み始める事ができない事が最大のデメリットと言えるかもしれません。
住めば都と言いますし、どういう住まいを選べば良いのかは断言できません。

中古マンションのメリットとは

中古マンションの購入メリットとて挙がる要素がいくつかあります。

1、価格が安いこと
2、物件数が多いこと
3、間取りの実物を見学できること

この3つです。

価格が安いこと、それが最も大きなメリットとも言えます。
同じ広さの新築物件と比べて、同じ間取りの中古マンションのほうが安いです。
中古というぐらいですから、そうでなければ誰も買いません。
住みたいエリアを限定して調べてみてください。
同じエリア内の中にある物件の数は新築マンションよりも中古マンションの空き部屋の方が多いはずです。
ただ、人気のある立地場所だと新築並の価格とまでは行きませんが、中古の相場よりも価格が高い場合があります。
より安く良いところに住みたい、というのは誰でも同じです。
そのタイミングを逃さないように常にアンテナを張っておきましょう。

物件数が多いという事は探すのも簡単だということです。
住みたいエリアに新築を探していたがどこも埋まっている状態という場合も多々あるかと思います。
中古物件も候補に組み込めば、住みたいエリアに空き部屋があるかもしれません。しかも割安で。
新築と中古、どちらの方が供給が多いのかは明白です。
新築というこだわりもあるかと思います。
でも、住みたいエリアに住めない場合の方が今後の生活が厳しくなるのではないでしょうか。

新築の場合、そのマンションが建つ前に契約する事が大半です。
なので、モデルルームなどで間取りをみて決める、というのが大体の流れではないでしょうか。
しかしいざ完成したマンションへ入って、部屋を確認するとモデルルームと違う、という事もあるそうです。
中古物件の強みは、間取りを実際に見て確認することができる、という部分にあります。
窓から見える眺望や通風、採光などはモデルルームでは確認できません。
その点、中古物件であればすべて確認することができます。

中古と一言で言っても、それは劣化している事実だけでありません。
メリットもありますので、選択肢のうちの1つとして候補に入れても良いかと思います。

諸費用を算出しましょう

たとえば、3000万円の物件を購入しようと至ったとき、必要なのは果たして3000万円だけなのでしょうか。
いいえ、それは違います。
住宅を購入する場合、物件価格以外に色々な費用が発生します。
それらをまとめて”諸費用”と呼びます。

車の購入するにも表示価格以上の費用が必要になりますよね。
住宅も同じです。ただ住宅の場合は価格が価格ですので、諸費用が結構掛かります。

諸費用の種類は非常に多いです。
まず確実に税金が入ってきます。契約時に必要になる印紙税や登録免許税。
また入居した後に発生する固定資産税や不動産取得税なども住宅を購入したために発生する税金になります。
他には保険、購入時には欠かせないローンの支払いに必要な保証量、手数料など。
不動産登記を行うために司法書士へ依頼しなくてはいけません。もちろんこれは無料で済むわけもなく、登記手数料などの費用が発生します。
諸々含めると物件価格プラスの5%ぐらいになるかと思います。
多く見積もっておけば間違いは無いでしょう。
これらは性質上、キャッシュで支払わなければならないので注意してください。

では、その諸費用の目安ですが、はっきりとした数値はありません。
一般的には新築物件購入価格の3%から5%だといわれています。
中古物件の場合、土地購入+住宅建築の場合になると約5~10%ぐらいになるでしょう。

3000万円の新築住宅を買うときには約90万円から150万円ほどを用意しておくと良いかと思います。

その物件の価格によって諸費用というのは異なってきますので、あらかじめ算出しておいた方が賢明です。
どれだけ税金が取られるんだよ、と思うかもしれませんが額が額なだけに仕方がありません。

詳しい額が知りたい場合は不動産屋などに尋ねてみてください。
おおよその費用は算出してくれるかと思います。尋ねる前は購入する側もある程度知識を持っておいた方が良いでしょう。
すべて丸投げというのがよろしくありません。

中古物件の可能性

中古住宅は新築住宅と比べてみると、金額的にはるかに割安です。

中古物件の場合、その建物の経過年数の分だけ安くなります。
その額の程度はその物件の立地条件にも大きく関わってきますので、はっきりこれだけ安くなる、とは断言できません。
が、家を購入するだけであれば中古の方がコストは低くなります。

売りに出される物件の事情も様々なので、一概に古いから駄目というのはありません。
仕事の関係でやむを得ず手放すしかなかった、通勤が厳しくなった、家庭の事情などがあります。
古くなったから売る、という売却理由は意外と少ないのです。

古くなったら建て替えるという人もいますので、住み慣れた土地を離れてまで新しい家を建てたいとは思わないのでしょう。
手放すのはそれなりの理由があるという事です。

また中古物件は立地条件の優れた場所で眠っている可能性もあります。
先程も言いましたように、手放すのには事情があるという事です。
飽きたから売る、という安いお買い物ではありませんからね。なので、意外な場所に中古物件がある事もあります。
別に人気がなくても住みやすい場所というは色々あるはずです。不動産の高騰は大体が人気か発展が見られる地域になります。
決まりきった人気の場所を探すのでなく、穴場的な場所を候補のひとつとして考えておいても良いかもしれません。

また想像よりも大きな家が手に入ることも。
土地を買って住宅を建てる場合、土地の広さ住宅の規模によって費用も比例して行きます。
が、中古の場合は広い規模で安く済む、というのが良いと思います。
俗に言う”掘り出し物”という物件です。
仮にその建物がボロくてもリフォームなどをすれば見た目は新しくする事ができます。

中古住宅のデメリットはどんなにリフォームしたところで築年数は戻せない、という部分です。
リフォームをするからと言って柱や基礎までを変えるわけではありませんよね。
という事は建物の根底の部分は何も変わっていないということになります。

築年数で言うのであれば新築に勝るものはありません。
その他諸々な新しさもです。

中古物件の良さは可能性がある、という部分になるかと思います。

避けた方が良い不動産屋の見分け方

不動産屋ならどこでも良いというのは、ラーメン屋ならどこのラーメン屋でも良いという事に他なりません。
ただラーメン屋は食べたら終わりですが、不動産屋の場合はそう簡単ではないですよね。

まず不動産屋へ訪れたら、注目したいのは店頭の状況です。
看板や窓ガラスが汚れているような、だらしのない不動産屋は避けた方が良いでしょうね。
不動産仲介はサービス業です。
部屋を探しにきた人はお客さんであり、不快感を与えないのは当然のマナーではないでしょうか。
まずそれができていないという事は、不動産屋としてではなく接客業として問題があるのでは? と思うわけです。

また店の中へ入る前に、店頭で貼られている物件広告のチラシを見てください。
そこにはどんな言葉でどういう宣伝がされていますか、そこを見ればその不動産屋の系統が見えてきます。
日当たり最高、激安、掘り出し物、特選などの言葉は不動産公正取引協議会が禁止している言葉です。
非常に曖昧な言葉です。基準が無い曖昧な言葉には注意しましょう。

昔の不動産は店の中に入ると乱雑に書類などが置かれていました。
最近ではほとんどパソコンで管理しているため、そこまで散らかってはいないかと思います。
それでも書類が山のようにあったらそこはアナログで個人情報などを管理して、整理整頓ができていないということです。
社内での電話のやりとりにも聞き耳を持ちましょう。
お客に対しての態度、待たせている間にお茶が出るのか、それはおいしいのか、待たせて一言謝罪があるのか、などもです。
直接契約に結び付かないような質問をしたところで答えてくれない、その他には対応してくれないという可能性もあります。

まずはそこの不動産が入りやすいところかどうかでしょう。
どこもこじんまりとしたところが多いですが、店頭、店内を見ればその不動産が見えてきます。
押し売りみたいなことをしてくるところ、強引に契約させようとしてくるところは避けましょう。

新築マンションのメリット

新築マンションのメリットはいくつかあります。
まず、大体の新築マンションは、通勤や通学、商業や公共施設へのアクセスが便利で、日常生活に必要な導線上に建てられる事が多いです。
新着物件特集などのコーナー内でも勝手の良い場所は景色が良い場所以上に人気です。
最近建つマンションがどこも高層なので日当たりについての不安はありません。
もちろん南向きにベランダがくるように設計されていると思うので、洗濯物などの不安は無いでしょう。
この立地条件が良いということは、生活費のコストを抑える効果もあります。
建物が新しいのであれば災害や耐火構造、耐震や免震では新耐震基準という耐震性能を備えており、鉄筋コンクリート構造だというのも特徴です。

ただ部屋からの眺めと、移動する面倒さは反比例します。
高いところの方が移動には大変面倒です。賃貸では分かりますが、購入するとなると考え直した方が良いでしょう。

セイキュリティに関してはどうでしょうか。
最近の新築マンションは防犯システムなどはびっくりするほど充実しています。
エントランスの入り口には監視カメラにオートロック、玄関ドアには2箇所以上の鍵付き、エレベーターホールや駐車場には防犯カメラです。
最近では警備員が常駐しているところもあります。
どんな事が起こるかは分かりませんが、セキュリティに関してはマンションがダントツで安全です。

価格的には戸建てを購入するよりかは安く済みます。
が、できることもかなり狭まってしまいますので住む人にとって得かどうかは分かりません。
マンションの一室を購入したとしてもリフォームなんてできませんし、増築なんかも不可能です。
生活環境は整っていますが、その人にとって住みやすい環境なのかは部屋の間取りや周囲の環境との相談でしょう。
またご近所付き合いというのもありますが、それは住んでからの話になります。

最近では重要のあまり無い場所にマンションが建つことがあります。
そこへ強引へ契約させてこようとする不動産屋もあったりするのでよく考えて返事をしてください。

人気と物件価格

茨木市自体はベッドタウンとしても有名で、住宅街とマンションがだいぶ増えました。
近年では駅前にも高層マンションの建設ラッシュが始まり、大きなマンションが多く立ち並びます。
大阪市、京都市などの都市部に近く、スーパーやショッピングできる商業施設が多く機能性を重視する人には最適な場所になります。

こういう場所での物件価格は高いものとなっており、こういうベッドタウンともなると関東圏などでは上がり方が異常な事もあります。
一ヶ月前までは戸建新築が5000万円ぐらいだったのに、気づくと1億円までには達していないがそれに近い価格になっていた、ということも。
大阪府茨木市の場合、住む人も多いのにワンルームマンションの価格が上がらないという事があります。
普通であれば駅前の再開発などをしていればガンガン上がるはずなのに、この近郊はそれほど価格が上昇しないのです。

これは純粋に買い手が少ないのでしょう。

買い手が多ければ価格は上昇します。
この土地のように色々と便利なベッドタウンとなれば上昇は避けられません。
が、関東圏ほど価格が上がらないのです。
その理由は分かりません。ベッドタウンとは言ってもそこが住みやすいのかどうかは選ぶ人の考え方次第になります。

とは言え、住みやすい土地と価格というのは決してイコールにはなりません。
他の人が不便と感じた場所であっても。自分から見たら十分に快適な生活ができる環境がある、という事もあります。
価格はあくまで人気との因果関係があるだけ。
人気があるからと言ってその物件があなたにとってベストな選択かどうかは別の問題になります。

土地価格なんてそんなものです。
あなたにとってベストの選択をしてください。
そして価格というのはその土地の人気を計るものであって、あなたの思う住みやすさというのは別のことです。
土地購入、物件購入などは決して安いお買い物では無いので慎重に選んでください。

売る前には必ず2種類の査定を

マンションを売却する際、必ず一度は物件価格を査定してもらうと思います。
この物件をいくらで売ることができるのか、という査定です。
そしてこの査定方法には2種類あるとご存知でしたか?

それは簡易査定と現地査定です。
簡易査定の代表的なもので言えば、インターネットで各項目を入力して査定するというものです。
地図上で物件所在地を確認し、そこから過去の取引事例や市場動向などを加味した上で価格を表示する方法です。
こういうサービスをしている不動産も結構多いので探してみると良いと思います。
あくまで簡易査定なので早いは早いです。
ただあまり正確な査定価格が出にくいというのが特徴になるかと思います。
本番前の価格調査という感じに利用される事が多いです。
売る場合、こちらもいくらになるのかある程度把握しておいた方が良いので売却をお考えなのであれば一度はやった方が良いかもしれません。

もうひとつが現地査定です。実査定と言われる事もあります。

これは実際に不動産屋が売却予定物件を見て査定するものです。
実際にその立地条件や、建物の状態、その周辺状況、日照、眺望などを加味した上で査定します。
直接その道のプロが見るので精度が高い査定方法になります。
が、中には悪質な不動産も存在します。
そんなに悪くない条件を散々けなした挙句、わざと相場よりも安値で査定します。
それを相場以上の価格で売り出すということをしているところもあります。
こういうことを防ぐためにも、簡易査定をしておいてある程度知識を持っていた方が良いのです。
実際はそれだけでは足りず、売却するにあたり必要なことはあらかじめ持っていた方が良いかと思います。

それぞれ出る査定価格は大きかったり少なかったりしますので、まずは簡易査定をしてからというのがベターです。
もし売却するとなると大きなお金が動くため、色々な手続きを挟むことになります。
その度にいろいろな業者が介入してこようとしてきます。
ご自分でできるような事があれば面倒がらずに自分の手で済ませた方が良いかと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ